So-net無料ブログ作成

8%税抜は失策? [その他]

結構税抜表示ですよね。

ちょっと家電買いましょう、ビックカメラとか
ちょっと宿予約しましょう、じゃらんとか
税抜表示。

例えば最初に
39800円
が目に飛び込んできても、それは税抜だからお会計は42984円になっちゃう。

すると、何見てても
「ここから8%足されると・・・」
という意識を持ちつつ買い物する。

これ、なんかこう消費の衝動にブレーキがかかるんですよ。
冷めちゃうんだよね。

8%.jpg

アベノミクスと言葉も踊って景気もいい感じで、
 「ま、言っても上がったの3%だし」
ってノリで消費も鈍らずこのまま行くのが8%消費税に込めた想いだとすると、
なぜ税抜表示にしたんでしょう? 
不思議です。

なぜ消費の神様が光臨する瞬間に
「+8%あるんだよな」
という余計な理性を埋め込んだのでしょう。

しかもこの微妙につかみにくい×1.08という量感。
無駄にもったいない感も助長されます。


冷静に考えると買わなくていいものは多いです。
今、急いで買うものなんてほとんどない。
でも、それ言い出すと経済は回んないんですよ。
少なくとも、税金の表示の仕方でショッピングの楽しさを奪うことはない。



あれ、なんか今日はまじめなお話で・・笑。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。